イベント&ニュース情報

国際理解講座2017年 「難民問題と私たち ~ミャンマー難民の事例から~」

国際理解講座

国際交流センターでは今年も岡谷市民向けの国際理解講座を開催します。ここ何年かで世界的に大きな問題として捉えられている「難民問題」について、自分の理解を深めてみませんか?講師の西森先生から海外でのフィールドワークについて聞いたり、ワークショップに参加したりすることを通じて、ミャンマー難民の現状や日本が難民問題についてどのような対応をしているかを理解することを目標とします。

 

Refugee Camp.jpg

 

講師者プロフィール

西森 勇記(にしもり ゆうき) 1978年大阪生まれ

立命館大学政策科学部を卒業後、会社員・英国への大学院留学を経て、2007年より青年海外協力隊員としてパプアニューギニアへ赴任(2009年まで)。現地では村々や学校にて、手作り石鹸作り技術の普及を行う。帰国後、開発コンサルタントとして主にアジア及びアフリカの紛争影響地域における日本の政府開発援助(ODA)事業(都市開発・農村開発・コミュニティ開発分野)に従事。現在はミャンマー・タイ国境地域の少数民族難民の動向について研究を行っている。

 

日  時  :6月10日(土)午後1時~午後3時半

場  所  :諏訪湖ハイツ 大会議室

定  員  :40名(当日の参加も可能です)※ 中学生以上対象 

参加費  :無料

申込み  :6月1日(木)までに当センターまで申し込んでください。(Tel 0266-24-3226)

持ち物  : 筆記用具 

※          現地集合・現地解散となります。  交通費は個人負担になりますので予めご了承ください。