子ども手当

子ども手当について

 ■    制度の目的

児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長を支援することを目的としています。

■    支給対象

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の国内に住んでいる児童を養育している方に支給します。

■    支給額

kodomoteate.png

※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育をしている児童のうち、3番目以降をいいます。
 

◇所得制限の基準額は次のとおりです。

teate 2.png

※「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますのでご注意ください。

※所得の申告がお済でない方は、必ず申告を済ませてください。

■ 支給時期

 原則として、毎月6月、10月、2月に、それぞれの前月分までの手当を支給します。

 

■ 手続きの方法

◇はじめに行うこと・・・認定請求

 お子さんが生まれたり、他の市町村から転入したときは、岡谷市役所(2階)子ども課

窓口で児童手当の申請(認定請求)の手続きをしてください。

(公務員の方は勤務先に申請してください)

 原則として、申請した月の翌月分の手当から支給します。申請は早めにお願いします。

 ※申請者は養育している父又は母のうち、生計の中心者の方です。

 

【認定請求に必要な書類】

○健康保険被保険者証の写し(申請者のもの)

○平成29年1月1日に岡谷市に住民登録のなかった方

  →平成29年1月1日に住所があった市町村が発行する「児童手当用所得・扶養証明書」

(平成28年中の所得を証明するもの)

○申請者名義の金融機関の口座番号がわかるもの

○申請者・配偶者のマイナンバーのわかるもの(通知カード等)

○その他、必要に応じて提出していただく書類があります。

※印鑑をお持ちください。

◇15日特例

児童手当は原則、申請した月の翌月分から支給されます。

ただし、申請日が出生日・前住所地での転出予定日の翌月になった場合でも、出生日・

住所地での転出予定日から15日以内に申請すれば、申請月から支給されます。

◇申請に関すること

 下記に該当される方は、必要に応じて提出する書類がありますので、担当までお問い合

せください。

 ○単身赴任などで支給対象児童と国内で別居されている場合

 ○児童が海外へ留学されている場合(一定の要件があります)

 ○父母以外の方が、支給対象児童を養育している場合

 ○離婚協議中の別居や、家庭状況に特別な事情がある場合

◇その他、届け出が必要な場合

○他市町村に転出するとき

 ○公務員になったとき

 ○離婚等により児童を監護しなくなったとき

 ○子どもの数が増加または減少したとき

 ○住所、氏名が変更したとき

■ 現況届について

  お子さんの養育状況を確認するために、毎年6月に現況届を提出する必要があります。

■    その他

 ・申し出があった方については保育料や、学校給食費などを、児童手当から徴収することができます。

 ・児童が施設に入所している場合や里親などに委託されている場合は、原則として、その施設の設置者や里親などに支給します。

・児童手当の寄付については担当までお問い合わせください。